荷物の量と料金の関係(トラックの大きさなど)

引越し料金の額はいくつかの要素によって決められますが、その一つが荷物の量です。
どのくらいの量のものを運送するか、トラックの大きさでその料金は大きく変わってきてしまいます。


そのため費用を少しでも安くしたい場合は、業者に見積に来てもらう前に不用品をどんどん処分して出来るだけ持ち物の量を減らすことをおすすめします。


特に古い本や雑誌、衣類、使わなくなった趣味の道具などを処分すると随分持ち物をすっきりさせることができ、引越しの際の段ボールの数を少なくすることができるので、結果として運送コストを引き下げることができるのです。


一人暮らしの方の転居の場合、とてもお得に引越しができるプランがあります。


それが単身パックです。


決められた大きさのコンテナに詰め込める量のみの運搬で1万円代からと格安で依頼することができます。


コンテナには冷蔵庫や寝具、段ボール、衣装ケースなどかなりの量の荷物を積み込むことができるので一人暮らしの方だけでなく、夫婦などでの利用をされる方もいます。ひとつのコンテナに積み込みきれなかった場合にはコンテナ料金を加算してもう一つ用意してもらうこともできます。


家族の人数が多いけれど、なんとか引越し料金を抑えたいという場合には混載という方法もあります。専用のトラックを用意してもらうのではなく、業者側の時間に合わせてトラックに来てもらい、他の人の荷物と一緒に混載して引越しを行うというものです。


この方法だとトラックを貸し切らずに済むので、その分の費用を浮かすことができ、より安いコストで引越しを完了させることができます。サービスの点ではトラック貸切にはお呼びませんが、出来るだけ安い引越しを希望される方には最適です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です