遠距離の引越しには、鉄道とコンテナ輸送がお得?!

遠距離の引越し料金を低く抑えるには、鉄道のコンテナ輸送を利用するのがお得です。東京から大阪や福岡などに引越す場合などに便利に利用できます。移動距離が長くなればなるほど、トラック運送よりも割安となります。鉄道の場合は、距離が伸びて跳ね上がる運賃の割合が、トラック運送ほどではないからです。


しかし、一般の人々にとって、鉄道の貨物輸送を個人で利用するというのは、なかなか思いつかないことです。手続きも面倒そうで、敷居も高い感じがします。一度利用したことがある人なら、個人で手配することも容易かもしれませんが、初めて利用する場合は、大手引越し会社の鉄道コンテナパックを使うという方法もあります。

引越し会社に申し込むと、自宅まで引越しトラックが、荷台にコンテナを積んだ状態で来てくれます。あとは普通の引越しのように、その荷台のコンテナに引越し荷物を搬出します。引越しトラックは駅に向かい、コンテナを渡します。コンテナは貨車に載せられ、目的地の駅へ向かいます。駅に着くと、そこで無料で数日保管することも可能です。引越し会社のトラックが、駅にコンテナを取りに行きます。コンテナを荷台に積んだあと、トラックは新居に向かい、荷物を搬入します。


鉄道とトラックを両方使うので、割高になるようなイメージを持たれがちですが、トラックだけを使うより安く済みます。料金の他にもメリットはいろいろあります。輸送中にあまり揺れないため、梱包を簡単に済ますことができます。

それに遠方へ転居する場合は、荷物を搬出してすぐ新居に向かうわけにもいきません。もう戻って来られないため、現地に残って明け渡し前の掃除をしたり、原状回復費用算定の立ち合いをしたりしなくてはなりません。駅でコンテナを無料保管できるのは、ありがたいことなわけです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です