2月の引越しは高い?引越し時期と料金(曜日や時間、季節など)

引越しを出来るだけ安くしたいと考える方に注目していただきたいのが季節です。
転居にはハイシーズンがあり、新生活が始まる前の2月後半から3月、4月にかけては、新居に移る方が大変多いため、その分業者は忙しいハイシーズンとなります。
この時期には料金相場がオフシーズンの1.5倍にもなってしまうケースもあり、値下げ交渉がしにくい季節と言えるでしょう。


同様に辞令が出やすい9月、12月もハイシーズンとなるので料金が上がりがちです。
このシーズンを避けて、5月、6月、11月、1月など引越しの需要が少ないシーズンに依頼することができればコストを引き下げることが可能になります。


同様に引越しの価格は曜日にも大きく左右されます。多くの方が会社が休みの土日などの週末に転居したいと考えますので、当然週末は引越需要が高くなかなか希望の時間帯に予約がとれなかったり、料金が高くなりがちです。可能であれば平日に転居申し込みをすることでその分価格交渉がしやすくなるというメリットがあります。


時間帯に関しても多くの方が午前中を希望されます。
午前中に転居をして、午後からゆっくり荷物をほどいて新居を整える時間に充てられるからです。ただしこうした午前中も料金が高くなりがちですので、こだわりがなければ、午後からの時間を指定するのが価格交渉をするポイントとなります。


さらに時間指定をせずに業者に時間をお任せすることは業者側にとっては大変効率がよく助かることなので、価格交渉に応じてもらえるケースがあります。


このように料金を引き下げるポイントは2月後半から3月、4月のハイシーズン、週末、午前中を避けて、人が希望しないシーズンや曜日、時間帯を選んだり、業者にお任せすることによって転居の費用を抑えることが出来るということです。このようなポイントの他には出来るだけ荷物を整理して、貸切トラックの大きさを抑えることもコスト削減に欠かせない条件となります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です