引っ越し料金の相場について(タイプ別。単身、2人、3人など)

引越し料金は、工夫次第で結構安くできるものです。価格の相場はとりあえずはありますが、シーズンと閑散期では、料金がまるで違います。曜日でも相当違ってきますので、平日に引越しできるなら、そこを狙ったほうがいいでしょう。


単身者の引越しには、かなり安いプランが用意されています。ただ、運べる量は相当少ないので、運びきれない分は、自分で別途宅急便搬送することになります。それでも、普通の引越し料金より安くなります。引越し荷物の運送というと、かなりまとまった金額が必要となるのが普通ですが、単身者パックだけは相当低価格です。そのため、ある程度自分で宅急便搬送をしても、総額で結構割安となる場合が多いのです。
1人暮らしでも荷物が多かったり、2人暮らしである場合は、一番小さなトラックで間に合うよう、荷物を処分しておくことです。もし捨てきれなかった場合は、ある程度のダンボール箱は自分で宅急便搬送し、トラックのサイズを上げないようにした方が割安となる場合が多いようです。


家族が3人の場合などは、ある程度の大きさのトラックが必要となるでしょうが、やはり必要最小限の荷物に絞って引越すことが大事です。あれもこれもと持って行くことになったら、依頼しているトラックのサイズでは間に合わないということになりかねません。トラックのサイズを上げるくらいなら、引越し先で新しく購入した方が割安になる場合もあります。


遠方に引越す場合などは、家族がいるほうが有利です。引越し荷物を搬出したあとは、明け渡し前の掃除や、原状回復費用算出のための立ち合いをします。すぐ新居へ向かうことはできないので、荷物をどこかに保管しておく必要が生じることもあります。家族と手分けできれば、誰かが新居に先回りできますので、保管料などが不要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です