妊娠中の引越しについて(母子手帳・検診補助券など)

妊娠している方が引越しをする場合、役所などの手続きにおいて不安を持つ場合があります。たとえば、引越しの手続きの際に母子手帳のあつかいはどうなるのかという点や、検診補助券についてはどのようなあつかいになるのかといった点はわからないことが多いです。

 

母子手帳はそのままでOK

引越しのときには市区町村役場でさまざまな手続きをしなければならないわけですが、わかりやすく言いますと、妊娠している方がすでに母子手帳を所持してる場合、引越し先で新たに母子手帳を取得する必要はありません。

市区町村役場で住民票などの手続きをおこなったとしても、引越しをする前に住んでいた役所でもらった母子手帳をそのまま使用することができますので、母子手帳につきましてはとくに手続きなどはしなくても大丈夫です。

 

検診補助券は引越し先では使えない?

妊娠している方が手続きをする必要があるケースは、検診するための検診補助券をもらっていた場合は、引越し先の市区町村役場で新たに検診補助券を受け取る必要があります。引越しをする前に受け取っていた検診補助券につきましては、引越し先の市区町村では使用することができませんので注意が必要です。

このように、妊娠中の方が他の市区町村に転居する場合は、役所で手続きが必要になるケースがあります。この場合、検診補助券につきましては手続きが必要ですが、母子手帳に関しては以前にもらったものを継続して使えますので、大切に保管しておくことが重要です。

そのほかにも、転居するに際して、妊娠している方はなにかと精神的なストレスにさらされやすくなりますが、わからないことがあった場合には、市区町村役場の担当者が親切に教えてくれますので、とくに心配することはないと言えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です