運転免許証・車検証の手続きは?(書類・場所・いつ)

引越しをした際に転入届等何かと住所変更をしなければなりませんが、運転免許証や車検証も同じように住所変更をする必要があります。手続きをいつ・どこで行うかを説明します。


運転免許証の手続きについて

引越し先の警察署若しくは運転免許センターで本人が行います。必要書類としては、運転免許証、新しい住所が書かれている住民票、印鑑、証明写真(別の都道府県に引越しをした場合)が必要になります。

また、住所変更後15日以内に行う必要があります。届出期間が決められておりますので、いつまででも放置しておくわけにはいきません。手数料は無料です。


車検証の手続きについて

手続きを行う場所は、引越し先の住所を管轄している陸運局で行います。運転免許証とは違い、こちらは本人でなくても代理人でも可能です。必要書類としては、車検証、保管場所証明書、住民票、印鑑、委任状(代理人が行う場合)が必要になります。


また、住所変更後15日以内に行う必要があります。手数料は、登録手数料、ナンバープレート代(管轄する陸運局が変わった場合のみ)が必要になります。

この車検証の変更手続きで重要な書類が1点あります。それは、保管場所証明書です。所謂、車庫証明と呼ばれるものです。車検証の変更手続きの前に行わなければ、2度手間となってしまいますので、注意が必要です。


車庫証明の手続き

引越し先、または車の保管場所を管轄する警察署で本人が行います。必要書類としては、自動車保管場所使用承諾証明書(駐車場を借りている場合)、印鑑、車の保管場所の見取り図、車の登録番号・車名・型式・車台番号がわかる書類が必要になります。

こちらも住所変更後15日以内に行う必要があります。手数料は2000~3000円。
運転免許証の住所変更と一緒に行うことで楽になります。ただ、こちらは申請してから発行されるまで数日必要になりますので、注意が必要です。車検証の住所変更期限に間に合わないようなことがないよう注意をしてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です